リゾートコーデ着こなしテクニック

白コーデvs黒コーデ!大人のレディース夏コーデは白と黒が旬!

MENU
RSS

リゾートコーデ着こなしテクニック!普段着をリゾート気分に!

 

普段着をちょっとリゾートっぽく着こなすと、ステキにリゾート慣れしている雰囲気がでて好感度があがります。

 

普通っぽすぎずに、ほどよく南国気分のりゾートコーデの着こなしを紹介します。

 

シャツとショーパンのリゾートコーデ

こなれ感もきちんと感も持ちあわせているシャツは、着まわしがきくから旅先でも活躍します。ショーパンでヘルシーに脚を見せて、リゾートっぽくスタイリングします。

 

マリンブルーのグラデーションを効かせる

リゾートの象徴、きらめく海の青をコーデにとりいれます。サラッとしたリネン素材の水色シャツに、濃色青のショートパンツをあわせて、ブルーグラデーションにします。シャツは鎖骨をきれいに見せるように、前ボタンを2つ以上開けます。シャツ以外のアイテムは、カジュアルにまとめるのがポイントです。

 

真面目なシャツはヴィヴィッドカラーでテンションアップ

きちんとまじめな正統派のネイビーシャツには、明るめに振りきった色をぶつけるとリゾートっぽく変化します。ネイビーにはヴィヴィッドピンクやきれいめイエローが似合います。色数を増やすと、コーデにまとまりがなくなるので、バックとサンダルなどの小物は白で統一して、全体をトーンアップさせます。

 

Tシャツとタンクのリゾートコーデ

使えるカジュアルトップスは、シンプルすぎて少年っぽくならないように気をつけます。ディテールに凝ったインパクトボトムを合わせるのが、大人のリゾートスタイルです。

 

開放的なリゾートコーデも下着っぽく見えてしまうのは避けたいですね。定番のTシャツやタンクは日ごろから、ポイントを押さえて選びます。

  • 高見えする地厚な素材
  • 清潔感があって、合わせやすい白かグレー
  • タンクは袖ぐりが広くない、ちょっと肩があるタイプ

 

スカート合わせはマーメイドシルエット

マニッシュなグレーのタンクは、マーメイドシルエットのスカートで女らしく着こなします。レースがほどこされたスカートも黒を使ったクールなディテールなら、マニッシュタンクと合わせやすくて、大人っぽく仕上がります。

 

ふんわりスカートに袖なしT

袖があると野暮ったくなりやすいので、ふんわりしたフェミニンスカートには、袖なしを合わせるときれいにキマります。そでなしの白Tシャツに明るめオレンジのスカートで、配色もリゾートを意識します。

 

リゾートの定番マキシワンピとロングワンピース

 

リゾートで必ず着たくなるのがマキシ丈ワンピですね。気分が上がるロングワンピは、派手色だと幼く見えるから、寒色やベーシックカラーでシックにこなれ感を演出します。

 

ザラ(ZARA)のスリット入りワンピースは、落ち着きのあるペパーミントブルーと、サイドの深めスリットが、女っぽくてリゾート気分を盛り上げます。

 

エルフォーブル(ELFORBR)の黒レースワンピは、ドローストリングのゆるめなブラウジングがリラックス感を演出します。ロマンチックなレース柄は、白よりも黒を選ぶと大人っぽくて女らしさもアップします。

 

総柄を着るときには、トロピカルな花柄は卒業して、寒色系のシックなマキシ丈ワンピにします。ギャップ(Gap)からは、ブルーを基調にしたバティック風プリントワンピがでています。細めの肩紐デザインが華奢見えのポイントです。