白コーデvs黒コーデ

白コーデvs黒コーデ!大人のレディース夏コーデは白と黒が旬!

MENU
RSS

白コーデvs黒コーデ!大人のレディース夏コーデは白と黒が旬!

白コーデ

 

夏コーデにピッタリの爽やかな白アイテムをメインにした白コーデ。

 

ピュアなイメージなので、夏にはいいですよね。

 

数年前から流行りだし、今年もトレンド継続中なのですが、20代後半〜30代の大人の女性の間では、夏にあえて黒を着る黒コーデもブレイクの兆しを見せています。

 

今年の夏、流行りの白コーデと黒コーデをまとめてみました。


 

今どきな白コーデ

 

夏はキリっとした白を着こなしたい気分になります。ホワイトは美人色なので、女性らしさを残しつつマニッシュに振ると、ほどよくきれいめの辛コーデになります。

 

人気のオールインワンは、風をはらんだスカーチョタイプが新鮮です。シンプルな半袖デザインのスカーチョ型は、サラッと1枚でクールにきまります。セカンドバックやパンプスは、エッジィな黒系で締めて辛めに盛ります。

 

白のカットレーススカートは甘くなりがちなので、トップスは黒でビシっと締めます。ミニマムなノースリニットをタイトに着こなすのが好印象です。全体が重くならないようにエッジィな小物は、グレーを選んでグラデーションの白コーデにします。

 

白のオフショルダーをデニムと合わせて、ガーリースタイルにしたい時には、デニムはダメージなしの濃色インディゴにします。肩出しはデニムでヘルシーに振ると、媚びない可愛さがでて愛されコーデになります。
カントリーっぽくならないように、小物はセンスのあるもので、アーバンテイストを加えます。

 

この夏流行りのガーリーな白レース素材のガウチョパンツは、盛りすぎるとイタくなりがちなので、シンプルコーデに徹します。トップスには、ピンクベージュのタンクを合わせて、大人っぽくまろやかなトーンにまとめます。きれい色でテンションを合わせて、ほどよくカジュアルダウンがポイントです。アクセサリーは、シンプルなパールや辛口なゴールドで辛めを意識します。

 

夏にあえての黒コーデ

 

夏の黒はおしゃれの代名詞。削ぎ落としたデザインを選ぶと、白よりも涼しげに見えます。ノースリやオフショルのストンとしたIラインワンピや、黒地に白の花柄デザインは、夏の黒をとりいれやすいアイテムです。

 

 

シンプルすぎるワンピースで物足りない時や華やかさがほしい時には、白と黒の太ボーダー柄を選んで、インパクトとメリハリを味方につけます。思いっきり振り切ったパターンにすると、モードな雰囲気に仕上がって、おしゃれ度もアップします。小物はネイビーのショルダーバックで、高感度の配色にます。

 

甘くなりがちな花柄ワンピも、黒地ならほどよい可愛さで、ベーシックな形にすると大人の女性の魅力が引き出されます。かごバックや厚底サンダルのリゾートテイストでエフォートレスに着ても、黒のきちんと感のおかげで浮くことなく着こなせます。

 

黒トップスは、思いきったディテールを取り入れやすくて使い勝手がいいアイテムです。ただ、ぬけ感は大事したいから、ノースリーブやオフショルを選ぶのが鉄則です。オフショル以外の半袖は避けるのが賢い選択です。

 

黒のノースリトップスには、明るめのアイスブルーのパンツを合わせます。足元のレディなパンプスはシルバーにします。白を使わなくても重くない寒色コーデで鮮度が上がります。

 

肩にりぼん付きの黒のオフショルには、アースカラーのボリュームボトムを合わせます。黒と土色の色合わせは、今年っぽくて大人顔です。小物でオレンジなどの明るい色をさして、夏らしさをアクセントにします。

 

黒の定番スキニーは、シンプルすぎるとつまらないコーデになるので、レースアップトップスやオフショルなどの流行ディテールを取り入れます。オフショルの肩出しは、下半身の重さを軽減してくれます。

 

ボトムが黒は、重たくならないように素材感やデザインで軽やかさを取り入れるようにします。